ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ・ガンダムの情報サイト

日別 2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
2017年02月07日(火)
アニメ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) [Blu-ray]と[DVD]、2017年3月24日発売(DVD版のジャケット公開)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3[DVD]t

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) [Blu-ray]と[DVD]が、2017年3月24日に発売されます。
情報元
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) [Blu-ray]〔アマゾン〕
【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) [Blu-ray] 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (特装限定版) [Blu-ray]

商品説明
★封入特典
・伊藤悠原案集3
貴重なキャラクターの原案資料を収録
・キャラクターデザイン原案 伊藤悠による描き下ろしイラスト
・特製解説書
※収録内容は変更となる場合がございます。

▽音声特典
スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
※収録内容は変更となる場合がございます。

★仕様
・千葉道徳(キャラ)・有澤 寛(メカ)描き下ろしジャケット
・描き下ろし三方背ケース
※仕様は変更となる場合がございます。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 [DVD]〔アマゾン〕
【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 (A4クリアファイル付) [DVD]
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 3 [DVD]

商品説明
◎仕様◎
【音声特典】
■スタッフ&キャストオーディオコメンタリー
【他、仕様】
■千葉道徳(キャラ)・有澤 寛(メカ)描き下ろしジャケット

◎内容◎
【3話収録】
■第31話「無音の戦争」
アーブラウとSAUによる経済圏同士の紛争は、両軍がにらみ合うバルフォー平原で開戦。
ガラン・モッサの指揮の元、鉄華団も戦闘に加わるが、連日続く消耗戦に疲弊していく。
■第32話「友よ」
SAUからの調停要請を引き受けたギャラルホルン。長引く戦況を打開するためマクギリスは自らモビルスーツで戦場へ出撃する。
アーブラウ側の戦力を削るマクギリスのもとに、ガラン率いる一隊が急襲する。
■第33話「火星の王」
SAUとアーブラウ、両経済圏が和平調停を受け入れたことで戦いは終わる。鉄華団は犠牲となった団員を偲びつつ地球からの撤退を決定する。
カテゴリ:アニメ
タグ:鉄血のオルフェンズ 
新着レビュー

プラつく

関連記事
最新記事
プレバン予約開始情報

おすすめ記事
この記事へのコメント
  1. はやみみ名無しさん [2017/02/04(土) 01:28]
  2. 両機とも、今はもう何の感慨も湧かない

  3. はやみみ名無しさん [2017/02/04(土) 02:31]
  4. 雑魚と無能やんけ!

  5. はやみみ名無しさん [2017/02/04(土) 03:01]
  6. >1
    いや湧くだろ! イオクのポンコツぶりが脳裏に!
    …ジュリエッタ機? 知らんなあ。

  7. はやみみ名無しさん [2017/02/04(土) 18:37]
  8. 鉄血はほんと没個性キャラばっかだなw

  9. はやみみ名無しさん [2017/02/04(土) 23:29]
  10. 没個性というかキャラクターが生きてないよね
    記号でしかない

    人物がストーリーを動かすのではなく
    ストーリーが人物を動かしている

    後者の手段でも面白いものは作れるがそれにはストーリー展開や演出に注力してまたそれ自体も優れたものでないといけない

    ガンダムがドラマ主体の物語であるとすれば、後者のストーリー主体の仕組みとは相いれないのではないか
    岡田や永井?は優れたクリエイターなのかもしれないが、ガンダムという制約が邪魔をしているのは確かである

    前者を完全に実現するのは非常に難しいということも事実であるが、そこを目指すその気概無くして、人物ドラマ主体が魅力的なアニメーション、ガンダムにおいてはガンダムらしさは実現しえないのではないか

    ガンダムでストーリー展開や演出面で奇をてらって新風を巻き起こすぐらの元気が必要なのかもしれない
    が、さまざまなアプローチで試みてきたガンダムの歴史が語るようにそれは成功していない(それは歴史やグッズ化、ファンの固着といったガンダムの制約、限界がそうさせているのかもしれないが)

    とすると後者の仕組みをもっと駆使したアニメ作りが必要になる

    後者の作り方というものは無論、冨野(1st、Z時)がやった人物ドラマである
    これらと同じ土俵に立つ、または勝ってやると思ったら、人物にストーリーを運ばせるという考えに立ち返って実践する必要があると、ガンダムシリーズ他、アニメの歴史が物語っている
    ※ガンダムというブランドをだらだらと継続するということのみが新ガンダムに求められるものなれば、後者の仕組みをつかって冨野に勝つということの必要性自体がなくなるが、ガンダムという名前を冠する、ガンダムであるが故の制約が悪さをするだけのアニメが作られ続けるという不幸を招くことになる

  11. はやみみ名無しさん [2017/02/14(火) 08:56]
  12. イオク機のカラーリングかっこいい
    というかレギンレイズ自体かなりかっこいい
    ガサラギみたい

    ジャケ買いしようかな

コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が承認するまでは表示されません。
記事に直接関係のないコメントは承認されない場合があります。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメントはご遠慮ください。
・デザイナー個人に関連する話題は、キットの内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。
・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

ガンプラ新商品