ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ・ガンダムの情報サイト

日別 2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07
Amazon人気ランキング
-割引商品-
プレバン人気ランキング
2017年07月10日(月)
ガンダムトイ

ROBOT魂 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.、魂ウェブ商店で受注中(展示サンプル写真公開)

ROBOT魂 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.t (2)

2017年6月30日16時から、魂ウェブ商店で、「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.」の受注が開始されました。

商品説明画像が公開されました。 7/4

展示サンプル写真が公開されました。 7/10
情報元
魂ウェブ商店

ROBOT魂 〈SIDE MS〉 MS-06M 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.〔魂ウェブ商店〕




MS-06M 水中用ザク メイン

ROBOT魂 水中用ザク ver. A.N.I.M.E.b

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E. リアルマーキングシール付属キャンペーン

関節機構以外はほぼ完全新規造形
モノアイスクリーンの関係上モノアイの位置変更は3パター ンのものを任意に差し替える方式。
当時のMSVイラスト等のイメージを再現する「リアルマーキングシール」が付属。
シールのマーキングには部隊マークも含まれており、自分だけの力スタマイズが可能。

『ガンダム00』METAL ROBOT魂 ダブルオーザンライザーや『コードギアス』ROBOT魂 ランスロット・エアキャヴァルリーなどが初展示!【「魂ネイションズ大阪2017」速報レポート】ロボ編〔電撃ホビーウェブ〕
ROBOT魂 水中用ザクの展示


展示写真です。 new

ROBOT魂 機動戦士ガンダム 一年戦争 ver. A.N.I.M.E. スペシャルページ〔魂ウェブ〕

商品説明画像
MS-06M 水中用ザクの商品説明画像

商品説明
最新技術で作り出す水中用ザクが「ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.」シリーズで登場。
従来にない圧倒的な可動範囲を実現。
リアルマーキングシールが付属し、当時のイラストを再現できる。

 登場作品  機動戦士ガンダム
 主な商品内容  ◎商品
 ・本体
 ・交換用手首左右各4種
 ・サブロックガン
 ・ロケットポッド左右
 ・交換用モノアイ2種
 ・手首格納デッキ
 ・リアルマーキングシール(水中用ザク用)

◎キャンペーン品
 ・リアルマーキングシール
  (ザク・デザートタイプ用、グフ試作実験機用、汎用マーキング)
 主な商品素材  ABS、PVC
 商品サイズ  全高約125mm

□発売時期:2017年11月発送
□価格:6,480円(税込)

MS-06M 水中用ザク
MS-06M 水中用ザク
ジオン公国軍は、一年戦争開戦後の地球侵攻時に、地球を覆う海洋での運用が可能な、水中でも行動可能なモビルスーツの開発に着手する。水中用モビルスーツの開発にあたっては、気密性の高い宇宙用の「MS−06F ザクII」をベースに試作機が作られることになり、「MS-06M 水中用ザク」と呼称された。試作機は水中での移動能力を重視し、水流エンジンを搭載したバックパックを装備し、腕部と脚部には補助推進機を配置。さらに水中での姿勢制御や機体の浮沈を行うためのバラストタンクが増設された。
こうした機体の改良が進められたが、「MS−06F ザクII」をベースにしたからこその問題も発生する。水中稼働実験を行うと、関節部分への浸水が避けられないことが判明。可動部には防水のためのシーリングが施すものの問題の大きな解決にはならなかった。また、「MS−06F ザクII」をベースとした形状自体が水中での行動時に大きな抵抗となることも問題となった。この結果から、水陸両用モビルスーツは、水中での抵抗が少ない形状や関節機構を前提に設計・開発する必要性があると決定づけられた。
こうした結果を踏まえ、試作機として誕生した「MS-06M 水中用ザク」は、水陸両用モビルスーツ開発に向けたデータ収集が主任務となった。
生産された5機の試作機は、北大西洋の潜水艦隊〈シーサーペント〉隊に配備され、水中用のサブロック・ガン、ブラウニーM8タイプ240mm4連装ロケット・ポッドなどを装備して運用データが採取された。さらに、2機が増産され、地球各地に展開するジオン軍の各潜水艦隊での特殊対艦用兵装のテストを行うべく再配備される。その内訳は、2機が〈レッドドルフィン〉隊へ、〈グリーンサイレン〉隊と〈ナーガIII〉隊、〈マンタレイ〉隊へは各1機が送られ、〈シーサーペント〉隊には2機が残された。
この後、水陸両用モビルスーツの完成によって運用データ収集の任務から解かれた「MS-06M 水中用ザク」は、水陸両用モビルスーツとして再分類され、「MSM-01」の型式番号が付与されることになる。そして、一年戦争の後半にはオデッサ作戦で敗残したジオン公国軍兵が、地中海を渡ってアフリカ戦線へと合流する「地中海上陸侵攻作戦」において、その輸送や脱出を援護した〈レッドドルフィン〉隊によって実戦投入もされた。
戦後、「MS-06M 水中用ザク」は地球連邦軍に接収され、グリプス戦争時にはコックピットやフレームを換装した「マリン・ハイザック」として運用されていたという記録も残っている。
カテゴリ:ガンダムトイ
タグ:魂ウェブ商店 ROBOT魂 MSV 
新着レビュー

プラつく

関連記事
プレバン予約開始情報
最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が削除する場合があります。
また、下記のルールを守れない投稿者のコメントの書き込みや閲覧を制限する場合があります。
記事に直接関係のないコメントは承認されない場合があります。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメントはご遠慮ください。
・デザイナー個人に関連する話題は、キットの内容から逸れるのでご遠慮ください。
・レビューサイトに対する批判コメントはご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。
・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

-発売間近-
ガンプラ新商品