ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ・ガンダムの情報サイト

日別 2019 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 06
Amazon人気ランキング
-割引商品-
プレバン人気ランキング
楽天人気ランキング
2010年12月31日(金)
ガンプラ

2010年のガンプラを振り返る!

今年も残すところわずか(過ぎてる^^:)、年末恒例企画として、2010年のガンプラを振り返ってみたいと思います。

◇2010年はガンプラ30周年のメモリアルイヤー

今年は1980年に初めてガンプラが発売されてからちょうど30年となるガンプラのメモリアルイヤーでした。
その発売を記念して、7月24日には、ガンプラ新ブランド「RG RX-78-2ガンダム」が発売され、昨年お台場で公開された実物大ガンダムが、RG仕様の「RG1/1ガンダム」として再登場し、東静岡で展示されました。

また、8月には、東京の水道橋でガンプラ30周年記念イベント「ガンダムSUPER EXPO 東京2010」が行われました。
「ガンダムSUPER EXPO 東京2010」は、僕自身2回いったのですが(今年の夏は暑かった)、毎年夏恒例のガンプラEXPOと殆ど変わらない規模だったので、少し物足りない感じでした。

◇RGブランドの立ち上げ、第一弾「RG RX-78-2ガンダム」の発売

30年前にガンプラが初めて発売された7月24日に合わせて、ガンプラ新ブランド「RG RX-78-2ガンダム」が発売され、ガンプラにRGシリーズが加わりました。
RGシリーズの特徴は、素組だけで完璧な色分けが行われ、同じ白色でもパネルラインごとに何色も使われているので全く塗装しなくても見栄えがバッチリなこと。まさに素組派の僕にはこういうガンプラ待ってました!という感じのキットでした。ガンプラ30周年にふさわしいキット&新ブランドだったと思います。

◇OVA「機動戦士ガンダムUC 第1話、第2話」、「劇場版 機動戦士ガンダム00」、OVA「模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG」公開

昨年テレビアニメ機動戦士ガンダム00が終了し、今年は、ガンダムのTVシリーズはありませんでしたが、小説「機動戦士ガンダムUC」がアニメ化され、2月に第1話が、10月に第2話の2週間限定のイベント上映&BD、DVDの販売が行われ、9月には「機動戦士ガンダムF91」以来19年ぶりの完全新作のガンダム映画となる「劇場版 機動戦士ガンダム00」が公開されました。
また、ガンプラ30周年企画として、OVA「模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG」の公開(テレビやバンダイチャンネル、イベントで上映)もありました。
 
それに合わせて、「MG ダブルオークアンタ」、「HG ダブルオークアンタ」や、「MG 1/100 リゼル」、「MG ユニコーンガンダム HDカラー+MS CAGE」、「HGUC シナンジュ」など、関連のガンプラが多数発売され人気を呼びました。

2010年を総括すると、ガンプラ30周年記念のRGブランドの立ち上げと、アニメのガンダムUCと劇場版ガンダム00の公開、それに関するガンプラの発売というのが、話題の中心になった一年だったと思います。

◇気になる今年(2010年)一番売れたガンプラは?

今年もたくさんのガンプラが発売されましたが、一番売れたガンプラは何だったのでしょうか。
「早耳ガンプラ情報局」集計(アマゾン・アソシエイト発送数ベース)によると以下の通りです。

↓続きはこちら
1位 MG 1/100 ダブルオークアンタ

2位 RG 1/144 RX-78-2 ガンダム

3位 メガサイズモデル 1/48 RX-78-2 ガンダム


4位 MG 1/100 ガンダムアストレイ レッドフレーム改(プラスクリア外装)

5位 MG 1/100 ジ・O

6位 MG 1/100 ユニコーンガンダム HDカラー+MS CAGE

7位 MG 1/100 リゼル

8位 PG 1/60 ストライクフリーダムガンダム

9位 MG 1/100 フルアーマーガンダム

10位 RG 1/144 シャア専用ザク


一番売れたのは、今年公開された劇場版の主役機「MG ダブルオークアンタ」でした。
キットの優秀さに加え、映画が公開された間もなく発売されたということも大きかったのかもしれません。

1位の90%程で、惜しくも2位だったのが、「RG RX-78-2ガンダム」そして、RGガンダムとほぼ同数で「メガサイズモデル 1/48 RX-78-2 ガンダム」が三位となっています。
「RG RX-78-2ガンダム」はアマゾンの割引率がしぶかったので、3割引きならもっと売れていたかもしれません。
メガサイズモデルガンダムが予想以上に健闘したと思います。箱が大きいことと終始37%引きで販売していたことが影響してるのかもしれません。

4位の「MG 1/100 ガンダムアストレイ レッドフレーム改」は、MSの自体の人気の高さと初回限定のプラスクリア外装が付いた効果が大きいと思います。
5位の「MG 1/100 ジ・O」は、高額キットの割には、売れた方だと思いますが、これも割引率がかなり高かったことが売り上げを少し押し上げたと思います。
6位「MG ユニコーンガンダム HDカラー+MS CAGE」、7位「MG 1/100 リゼル(一般機)」、9位「MG フルアーマーガンダム」は、4割引き以上の安売り効果があったのかなと思います。

8位の「PG 1/60 ストライクフリーダムガンダム」は、、値段との兼ね合いで、もう少し作りこんで完璧に近い状態で発売されていたら多くのSEEDファンも納得したのかなと。
あと初回限定がなかったのも影響していると思います。

◇今年も一年ありがとうございました。

今年も1年間、たくさんの方々に「早耳ガンプラ情報局」へご訪問頂きまして誠にありがとうございました。
また、当サイトにリンクしてくださった方々や紹介してくださった方々、コメントを下さった方々、レビューサイトの方々、貴重な最新情報を教えてくださった方々にも深く感謝しております。

来年は、機動戦士ガンダムucの3話(4話も?)の公開が予定されているので、ガンダムユニコーン関連のガンプラが盛り上がりを見せると思います。
ガンダムユニコーン以外にもなにか新展開もあるかもしれません。

2011年はサイトを開設してから5年目に突入しますが、新年も「早耳ガンプラ情報局」をよろしくお願いします。
それでは良いお年を。
カテゴリ:ガンプラ
新着レビュー

プラつく

関連記事
プレバン予約開始情報
最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が削除する場合があります。
また、下記のルールを守れない投稿者のコメントの書き込みや閲覧を制限する場合があります。
記事に直接関係のないコメントはご遠慮ください。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。

◆下記のコメントをされた場合には即アクセス禁止となりますのでご注意ください。◆
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメント
・デザイナー個人に関連する話題
・レビューサイト・動画に対する批判(「見ない」等含む)や煽り(「過剰な持ち上げ」含む)、誹謗中傷(事実誤認に関するご指摘は、当該サイトへコメントとするか連絡してください)
・その他サイトや個人に対する批判や煽り、誹謗中傷

・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

-発売間近-
ガンプラ新商品