ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ・ガンダムの情報サイト

日別 2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
2007年02月15日(木)
ガンプラ

MG Hi-νガンダムの製品画像を完全公開!

2月22日出荷予定の1/100 MG Hi-ニューガンダムの塗装見本画像が、韓国のガンプラサイト「THE GUNDAM BASE.SIDE 1」に来てたので紹介します。
今回は、パッケージ写真をはじめ新たな画像が複数枚公開されています。

MG Hi-νガンダムの塗装見本画像

Hi-νガンダムは、小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』の挿絵で出渕裕氏が描いた機体で、今回のMGは、出渕氏自身による公式設定画に基づいてガンプラとして立体化されたものです。

パッケージ写真見ると、右端にある戦闘態勢のファンネルの絵がカッコイイですね。
箱自体はかなり大きくなりそうです。サザビー級でしょうかね。

その下の写真を見ると、箱絵のように空中に浮遊するファンネルが再現されています。
MG ストライクフリーダム フルバーストモードと同じように、専用台座にファンネルを支える軟質のクリア棒を差込む仕様になっているようです。
専用台座については、、本体取付角度の調整が可能とのことです。

武器については、ノーマル版のνガンダムと同様に、ビーム・サーベル、ビームライフル、ハイパー・バズーカが付属するようです。
ビーム・サーベルは、ハイニューガンダムの機体色に合わせて水色に、
バズーカの方は、形は通常のνの物とあまり変わらない感じですが、ホワイトとシルバーの配色になっています。
写真がないのでわからないのですが、バズーカがνのように背中にマウントできるのかが少し気になりますね。

真ん中辺りの写真見ると、立膝のポーズが違和感なく決まるようです。
このポーズが取り易いように、足膝アーマーが独立可動して、つま先も前後可動するとのことです。

その他の可動範囲についても、肩の上下前後スイングやひじの二重関節などが採用されていたりして、かなり広いようです。

関連記事
MG Hi-νガンダムのレビュー記事を紹介!

MG Hi-νガンダム(ハイ・ニューガンダム)、2月発売決定!
カテゴリ:ガンプラ
新着レビュー

プラつく

関連記事
プレバン予約開始情報

最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が承認するまでは表示されません。
記事に直接関係のないコメントは承認されない場合があります。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメントはご遠慮ください。
・デザイナー個人に関連する話題は、キットの内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。
・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

ガンプラ新商品