ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ・ガンダムの情報サイト

日別 2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
Amazonプラモデル・模型ランキング
2007年11月19日(月)
未分類

MG デスティニーガンダム エクストリームブラストモード製作記 胸部編 その2

前回は、胸部パーツのゲート処理と仮組みまで終わらせましたが、今回は、塗装を行っていきたいと思います。

■ペーパーがけ


仮組みしたのを一度ばらしてて、ペーパーがけを行いました。
これで、サーフェイサーなどの下地塗料の食い付きが良くなります。

■スポンジやすり


パーツ全体を主にスポンジやすりでペーパーがけしています。
スポンジやすりは厚みがあるので、全体をペーパー掛けするのはかなり楽チンです。

■紙やすり




ただ、スポンジやすりは厚みがあるので、細かい所は、紙やすりで行っています。

手が届きにくい所や、ヤスリをかけると角が丸まってしまいそうな所は、写真のように塗料の調色スティックに、両面テープで紙やすりの1200番ぐらいを貼り付けてペーパーがけをしています。

■サフ吹き


パーツを水荒いして溝にたまった埃をとったあと、缶スプレーでサフ吹きしました。

青と赤のパーツは白いサーフェイサーを吹いています。

■胸のダクトをマスキング


胸のダクトだけをシルバーで塗装するためマスキングを行いました。
他の内部は装甲が取り付けられると隠れるので塗装はしてません。

■塗装



パーツはすべて缶スプレーで塗装しています。

襟首の濃いグレーのパーツは、灰色のサーフェイサーで下塗り後、ガンダムカラースプレーのファントムグレーで塗装。

赤と青のパーツは、白のサーフェイサーで下塗り後、ガンダムカラースプレーのGレッド1とGブルー1でそれぞれ塗装。
胸の水色のパーツは、塗装せずに、つや消しを軽く吹いています。

スプレーは、一度に強く吹きすぎると塗装が垂れたりして綺麗にぬれないので、何回かに分けて少しずつ吹きました。

ベランダ塗装だったのですが、においは臭いし、風が吹いたりするとうまく吹けなかったりして、かなり大変でしたね^^:。
下地処理よりも塗装が一番時間が掛かっています。

■スミ入れ




スミ入れは、塗膜を侵食しないエナメル塗料で行っています。
背中のモールドや胸のダクトの部分もスミ入れを行いました。

スミ入れした塗料が完全に乾いた後、エナメル溶剤をしみこませた綿棒やちり紙で、余分な塗料をふき取っています。

■胸部まで完成




ようやく、胸部まで完成。
やはり、全塗装すると見栄えがアップしますね。

ただ、今回塗装して数時間ぐらいで組み立ててしまったのでので、干渉する部分の塗装が所どころはげてしまいました(泣)。
特に首の部分はパーツ同士が干渉するので塗装がはげやすいです(←もう一度塗装し直しました)。
パーツを塗装した後、すぐに組み立てないで、最低でも1日乾かしてから組み立てた方がいいですね。

次回は、腰部の製作を行う予定です。
お楽しみに。

関連記事
MG デスティニーガンダム エクストリームブラストモード製作記 頭部編
MG デスティニーガンダム エクストリームブラストモード製作記 胸部編 その1
カテゴリ:未分類
Q&A新着

プラモQ

関連記事
最新記事
Amazon 割引情報

プレバン予約開始情報

おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が承認するまでは表示されません。
記事に直接関係のないコメントは承認されない場合があります。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメントはご遠慮ください。
・デザイナー個人に関連する話題は、キットの内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。
・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

ガンプラ新商品